餅つきなどのイベント

餅つきの小豆やもち米の準備、当日の要領について、以下をご一読いただけるとありがたいです。

◼️もち米の準備について

 ①研ぐ(前日の夕方)。
  ※ごしごし研がず、全体を混ぜて軽く洗う感じ。水がある程度透明になれば大丈夫です。
 ②たっぷりの水に浸す(10時間以上)。
 ③寝る前に、米に水が被ってるか確認し、水を足す。
 ④朝、起きたら、もち米が水面から頭を出してないことを確認する。
 ※万が一、頭を出していたら、その部分はコップなどで、すくい上げて捨てる。
⇒堅い米入りのもちになってしまいます。

⑤水を切る

 毎年、つき手が苦労しておりますので、ご協力をお願いします。

 ※もち米は通常の米よりも吸水します。
  通常の米の2倍くらいの水で浸してください。
 ※米が水面から頭を出してると、水分不足で、餅つきができませんので、寝る前に必ず確認して水を足してください。

 ◼️小豆の準備について

茹でた小豆と冷ました茹で汁をお願いします。
 冷めた煮汁はペットボトルなどに入れて、持ってきてください。
 小豆は指で潰れるくらいに茹でてください。

 A.時間がある方
  ①前日の朝、小豆を洗う。
  ②アウトドアで使うような大きな鍋に
   小豆を入れ、小豆が被るくらいの水を入れる。
  ③鍋に火をかけ、沸騰したら、小豆をざるにあげる(これを煮こぼすっていうそうです)。このお湯は捨てる。
  ④次はたっぷりの水を入れる。
  ⑤鍋に蓋をして、火に掛ける。
  ⑥沸騰したら超弱火にしてアクをとる。
   30分くらいしたら火を止めて、
   蓋をしたまま夜まで放っておく。
   時間が短いと柔らかくならないそうです。
  ⑦このときの煮汁を赤飯に使います。

 B.時間が無い方(前日の夕方からで大丈夫)
  ⑤までは同じです。
  ⑥沸騰したら中火にして、柔らかくなるまで茹でる(上より火は強め)。水が少なくなったら足す。
  ⑦1~2時間くらいで柔らかくなると思います。10分ごとに指先で潰してみて食べてみて、固くなければ火を止めて、お湯を切る。このときの湯を赤飯に使います。

 C.さらに時間が無い人(急ぎすぎると、やけどの危険⚠️)
  ④までは同じ
  ⑤大きな圧力鍋に小豆を入れ、
   水をたっぷりと入れる。
   ※袋の半分くらいで2回に分けた方がいいかもしれません。
  ⑥圧力鍋を火にかける。
   おもりが回り出したら、2~3分で火を止める。
  ※やり過ぎると、小豆が崩れます。
   多少崩れても、食べれるので大丈夫です。

  ⑦30分~1時間くらい待ち、蒸気に気をつけて、重りを外す。

  ⑧湯を切る。このときの煮汁は赤飯に使います。

餅つき大会の要領

12月22日、餅つき大会お手伝い頂ける方々へ

いつもご協力くださり、ありがとうございます。
一緒に楽しく餅つきしましょう!

※経験者はもちろん、未経験の方々、大歓迎です。餅つき経験者がやさしく説明します
力自慢のつき手(男女不問)も広く募集します。
(お手伝いのかたは、参加費無料特典あり)

よろしくお願いします!

先日はもち米、小豆のご協力ありがとうございました。
以下、餅つき当日のおおまかな日程、要領です。

場所:名古屋学院大学 合宿舎横の炊事場と広場

(お手伝いくださるかたの集合場所もここ)

持ち物:エプロン、カッポウギ、ゴム手袋、長靴

※持ち物は必須では有りませんが、
汚れなかったり、寒くなかったりして便利です。
ゴム手袋はスクールでも準備しますが、
持ってきていただけるとありがたいです。

前日(12/21):

▪もち米と小豆の事前準備
 こちらをご確認ください。
 ⇒http://setorugbyschool.com/?page_id=15168
  (ホームページメニュー/餅つきなどのイベント)
 ご協力いただける方、誠にありがとうございます。

当日(12/22):
▪8時20分~(来れるコーチのみ) 市民公園集合し、机や練習用具のなどを積み込み

▪9時~ 機材などの準備、湯沸かし(最優先)、もち米蒸し始め、餅用のタレやきな粉、付け合わせ、ぜんざいなどの準備や調理

▪10時~ 餅つき開始、赤飯にぎりなどの調理

(ウスが3つあり、蒸しあがった米から
次々とついていきます。)

▪10時半~ もち玉作製、もちを次々と食べやすいサイズにちぎる

▪11時過ぎ~ 幼稚園生徒到着、配布。10分毎に1年、2年▪▪▪▪到着予定

▪もちがつき終わったら、片付けて、終了。

※ご都合の良い時間だけでも大丈夫です。

お声を掛け合って参加して、ワイワイ楽しみましょう。