メールアドレスに使えない文字があります。

瀬戸ラグビースクールメーリングリストに登録
するメールアドレスについて

一部ドコモ内等だけで使える文字もありますが
世の中一般のメールアドレスには
使えない文字があります。

以下にwikipediaにあるメールアドレスに関する
記述の一部を掲げますので
ご覧ください。

アドレスを変更いただければ
瀬戸ラグビースクールメーリングリストに登録
することができますので
よろしくお願いいたします。

以下が記事の抜粋です。
*****************************************************************************************
ローカル部@ドメイン(例:foo@example.com)

ローカル部の構成はメールサーバの仕様によるが、ユーザ名であることが多い。
ドメインはホスト名(ホストに割り当てられるドメイン名)であり、メールサーバを特定する。
この例では、「“example.com”で特定されるメールサーバに登録されている“foo”というユーザ」として扱われる。
メールアドレスのフォーマットを規定する文書として、RFCのRFC 5321 (Simple Mail Transfer Protocol) [1]
およびRFC 5322 (Internet Message Format) [2]が存在し、メールアドレスに使用できる文字が定義されている。

ローカル部に使用できる文字[編集]
ローカル部に使用できる文字は以下のASCII文字である。
まず、次のASCII文字をそのまま並べた形式(RFC 5321ではDot-string、RFC 5322ではdot-atomと呼ぶ)
が使用できる。

大小のラテン文字(本来は大文字・小文字は区別されるが、実際には区別されていない実装がほとんどである[3]。
一般的には小文字で表記される)

数字
! # $ % & ‘ * + – / = ? ^ _ ` { | } ~(実際には、プロバイダ側で利用可能な記号文字を一部のみに
制限している場合が多い)
.(先頭と末尾以外で使用可能。2個以上連続してはならない)

さらに、“” “”でくくられたquoted-stringの形式であれば、加えて次のASCII文字を使用できる[4]。
( ) <> [ ] : ; @ ,
.(quoted-string中では制限はない)
スペース

さらにquoted-string中では、“\”を前につけたquoted-pairの形式であれば、加えて次のASCII文字を使用できる。
\ ”
たとえば、以下はRFCの規定において有効なメールアドレスである。
Abc@example.com (dot-atom)
Abc.123@example.com (dot-atom)
user+mailbox/department=shipping@example.com (dot-atom)
!#$%&’*+-/=?^_`.{|}~@example.com (dot-atom)
“Abc@def”@example.com (quoted-string)
“Fred\ Bloggs”@example.com(quoted-pairを含んだquoted-string)
“Joe.\\Blow”@example.com(quoted-pairを含んだquoted-string)

以下は無効なメールアドレスである。
Abc.@example.com(“.”をローカル部の末尾に使用している)
Abc..123@example.com(“.”が連続している)

メールアドレスに使えない文字があります。」への1件のフィードバック

  1. 年長クラスの若杉櫂生の父です。
    よろしくお願いします。

コメントを残す